予防歯科とは
お口の中には人それぞれのリスク(危険因子)があります。
サリバテストとは、そのリスクを事前に知ることによって、総合的に判断し、それぞれの人に合った予防プランを たてるために行う検査です。
サリバテストの内容
 
飲食の回数
事前に渡された用紙に、3日間口にした食べ物、飲み物を時間ごとに記録します。
問診
喫煙の蓄積量、フッ素を使用しているかなどを検査をする前にを問診をして条件を調べます。
口腔内の検査
プラークの量、かぶせ物の有無、詰め物の有無、歯と歯ぐきの間の深さをはかるなどして歯周病の進行度を調べます。また、これまでの治療している部分をチェックし、過去の傾向からどこに虫歯ができやすいかを調べます。
唾液の量と緩衝能の検査
唾液のpHを一定に保つ性質を緩衝能と言います。その唾液の能力を調べます。ガムを5分間噛み、たまった唾液を試験管にだし、分泌量を測定します。また、試験用ストリップス上に唾液を落とし、色の変化で緩衝能を調べます。
ミュータンス菌の数の測定
ミュータンス菌とは、虫歯の原因となる歯垢のもとになる細菌です。ガムを噛み、試験用ストリップスを舌の上で回転させ、引き出します。培養器で2日間培養し、判定します。
ラクトバチラス菌の数の測定
ラクトバチラス菌とは、虫歯を進行させる菌です。唾液緩衝能テストで採取した唾液を用い、培養器で4日間培養し、判定します。
 
以上の検査結果から、リスクが高いと思われる部分については、フッ素塗布などの処置や、食事やブラッシングなどのホームケアの指導、専門的な歯のクリーニングなど検査結果に基づきその人に合った予防プランをたてていきます。
 
このページの先頭へ戻る
あおば歯科医院の情報はこちら
Copyright (C) 2006 Aoba Dental Clinic. All Rights Reserved.