予防歯科とは

PMTCの基本ステップ

  (1) プラークの染め出し (4) 歯面の清掃・研磨
  (2) 歯石、着色の除去 (5) 口腔内の洗浄(ポケット内洗浄)
  (3) 研磨ペーストの注入または塗布 (6) フッ化物塗布
(1)プラークの染め出し
 
術者が慣れてくれば必ずしも染め出しは必要ではありませんが、患者さんに鏡を使ってどこをクリーニングするかを説明します。
”こんなに汚れていたのにきれいになった”という満足感を持っていただきます。
 
(2)歯石、着色の除去
 
患者さまにに負担をかけないように、強固な歯石や着色を研磨ペーストだけで除去するのではなく、超音波スケーラーやハンドスケーラーを使用し、効率よく行います。
 
(3)研磨ペーストの注入または塗布
 
研磨ペーストで、エナメル質を傷つけることなく、かつ効率よく研磨できます。
透明感のあるペーストで歯面の状態を確認しながら、研磨させていただきます。
 
(4)歯面の清掃・研磨
 
隣接面から研磨する
頬舌側面から研磨を始めると、研磨ペーストの味が口に広がり
唾液がたくさん出てきます。
隣接面から効率よく行います。
PTCコーンを有効に使う
円錐型ラバーチップ(PTCコーンNo.1)を歯間へ挿入し、
近遠心それぞれに沿わせて押し付けるようにして使用します。
清掃補助用具を活用する
ブラシやカップの届かない部位は、ワンタフトブラシや歯間ブラシ
を使いましょう。家庭でも使用できるブラシを使用することで
ホームケアでの清掃補助用具の導入へ導きやすくなります
頬舌面をPMTCブラシで効率よく除去する
PMTCペーストのレギュラー(粗研磨用)とPMTCブラシを使用して歯の表面を効率よく磨きます。
PTCカップのカップ辺緑の広がりを利用する
ラバーカップを歯面に押しあて、辺緑の広がりを利用して
歯肉緑下や近遠心隅角部まで研磨をします。
歯頚部や最後臼歯の遠心面はPTCコーンを活用
ラバーカップでは届きにくい最後臼歯の遠心は、
円錐型のラバーチップ(PTCコーンNo.1)で辺緑を沿わせるようにして研磨します。
歯頚部は、チップで歯頚部をなぞるようにして行うと清掃効率が高まります。
 
(5)口腔内の洗浄(ポケット内洗浄)
 
ポケット内に浮遊しているプラークや歯石を洗い流します。
殺菌効果のある洗口剤などによって洗口することで、爽快感だけでなく、口腔内の殺菌を行います。
特にスケーリングを行う場合には、敗血症などへの予防の意味も含めて必ず行いましょう。
 
(6)フッ化物の塗布
 
二次う蝕や知覚過敏、根面う蝕の予防としてフッ化物を塗布します。特にフッ化第一スズは殺菌効果にも優れ、歯周病にも有効です。
 
このページの先頭へ戻る
あおば歯科医院の情報はこちら
Copyright (C) 2006 Aoba Dental Clinic. All Rights Reserved.